取組詳細

広報計画・ステークホルダー対策

インナーコミュニケーションの強化

取り組み開始時期 2015年6月
狙い・目標 所属や部署を横断し、学外に伝えたいメッセージを構成員一人ひとりが理解し、情報発信できる状態を目指す。
測定・評価の基準 ・事業計画説明会の参加人数の増加・ビジュアルアイデンティティ(VI)マニュアルのリニューアル更新、学内への浸透
測定・評価の方法 ・事業計画説明会の参加人数の推移 ・VIマニュアルのアンケート
取り組みによる貢献
  • 知力の向上
  • 人間力の向上
  • その他
進捗状況①
  • 50%
  • P
  • D
  • C
  • A

進捗状況②

2017年度レポート

現状の詳細・課題

・年1回(4月下旬)に教職員を対象に事業計画説明会を開催し、教育ヴィジョン、事業計画を構成員と共有している。参加人数を増やすため、欠席者へのアプローチ方法を検討する必要がある。
・スーパーグローバル大学創成支援の採択に伴い、採択校に付与されたロゴマークの使用のルールを反映し、VIマニュアルをリニューアルした。

今後の取り組みスケジュール

・事業計画説明会
これまでの参加人数の推移のデータをまとめる。目標値を設定し、参加率の向上に取り組む。

・VIマニュアルの徹底
VIマニュアル浸透を計るアンケートを実施する。アンケート結果を踏まえ、浸透にむけた取り組みを実施する。