取組詳細

広報計画・ステークホルダー対策

積極的な情報発信・情報公開

取り組み開始時期 2015年4月
狙い・目標 ・情報発信:多角的に発信することで、本学の認知拡大、理解促進に取り組む。 ・情報公開:アクセス数を増やすことで、法人事業の概要について学内外の認知を広げ、理解につなげることを目指す。
測定・評価の基準 ・情報発信:Webサイト=GoogleAnalytics、公式SNS=ファン数、Webサイト誘導率、プレスリリースによる外部メディア掲載数 ・情報公開:事業計画、事業報告書、教育情報の公表=Webサイトアクセス数
測定・評価の方法 ・情報発信:Webサイト=GoogleAnalytics、公式SNS=ファン数、Webサイト誘導率、プレスリリース=配信本数 ・情報公開:事業計画、事業報告書、教育情報の公表=Webサイトアクセス数
取り組みによる貢献
  • 知力の向上
  • 人間力の向上
  • その他
進捗状況①
  • 65%
  • P
  • D
  • C
  • A

進捗状況②

2017年度レポート

現状の詳細・課題

●情報発信
・Webサイト=大学の取り組みを発信し、月1回のアクセス分析を行っている。読み手に伝わる内容かどうか検証している。
・公式SNS=ファン数の目標を設定し定期的に配信をしている。認知から理解につなげる情報発信に努める。
●情報公開
・事業計画、事業報告書=画像やグラフ等を盛り込み、読みやすいレイアウトに変更した。
・教育情報の公表=文部科学省からの通知に応じて迅速に対応している。

今後の取り組みスケジュール

●情報発信
・メディア掲載件数(スポーツを除く)を軸に、外部メディア掲載を通じた理解促進を目指す。月、年単位で掲載本数を蓄積し、前年度と比較できるようにする。
・2017年9月のWebサイトリニューアルにより、SNSでの拡散機能を強化する。

●情報公開
今後も公表すべき情報については、積極的に公開していく。