取組詳細

管理運営計画

コンプライアンス強化

取り組み開始時期 2009年4月
狙い・目標 本学に所属する教職員等の公的研究費の使用に関する、法令、本学の諸規程および当該研究費に関わる使用規則等の遵守、不正防止の徹底および強化。
測定・評価の基準 科研費応募説明会、コンプライアンス教育、研究倫理セミナーの参加率
測定・評価の方法 科研費応募説明会、コンプライアンス教育、研究倫理セミナーの参加率について、数値目標を定めて各年度でチェックする
取り組みによる貢献
  • 知力の向上
  • 人間力の向上
  • その他
進捗状況①
  • 80%
  • P
  • D
  • C
  • A

進捗状況②

2017年度レポート

現状の詳細・課題

2007年に公的研究費の不正防止に関わる組織(コンプライアンス推進室)を設置し、これまで不正防止の強化に努めてきた。コンプライアンス推進室は、月1回程度開催され、部署横断型の構成員から学内の公的研究費の使用に関する様々な課題を共有してきた。過去に180件の課題を解決している。また毎年、国から求められる不正防止に関する各種書類も、コンプライアンス推進室で検討の上作成し、学内の諸手続きを経て提出している。

今後の取り組みスケジュール

事務組織の再編にともない、2017年から主管部署が学事部学事第2課に変更となった。今後、学内における研究不正、研究費不正の防止体制を再構築していく。