取組詳細

学生支援戦略

留学生へのキャリアサポート

取り組み開始時期 2016年4月
狙い・目標 「スーパーグローバル大学創成支援」の進展に伴い、留学生の日本での就職へのサポートが必要となる。留学生のためのキャリア科目の開講、インターンシップを行い、留学生のキャリアサポートを強化する。
測定・評価の基準 留学生のキャリアサポートを充実することにより、日本での就職の意識が向上し、就職率が上がる。
測定・評価の方法 大学院進学、母国への帰国を除く留学生の「日本での就職率」。そのための留学生の「進路希望の掌握率」。
取り組みによる貢献
  • 知力の向上
  • 人間力の向上
  • その他
進捗状況①
  • 30%
  • P
  • D
  • C
  • A

進捗状況②

2018年度レポート

現状の詳細・課題

●留学生のキャリアサポートをキャリアセンターが担当することになり、2016年度、国際部と協議を重ねて検討し、準備を進めた。
●2017年度、留学生のキャリアサポートを本格的に開始した。留学生向けのキャリア科目として「キャリアデザイン基礎」(履修者24名)、「キャリアビジョンⅠ」(履修者24名)を開講。課外講座で「ビジネス日本語」を開講。留学生向けのインターンシップを日本語および英語で実施。日本語は11社22名、英語は6社6名が参加。留学生の進路相談も日常的に実施した。
●準備を含めてこの1年半の取り組みの中で、留学生の進路意識は、①日本での就職、②大学院への進学、③母国および第三国での就職という3つのパターンに、ほぼ均等に分かれるということが認識できた。また留学生の個人の状況も一つ一つ蓄積している状況にある。

今後の取り組みスケジュール

●2018年度、留学生向けの「キャリアデザイン基礎」、「キャリアビジョンⅠ」の他に、新規科目として「留学生のためのキャリアコミュニケーションⅠ」、「留学生のためのキャリアコミュニケーションⅡ」を開講する。またEMPに所属する留学生のための英語によるキャリア科目を新設する。