取組詳細

国際戦略

認定留学制度開始

取り組み開始時期 2011年4月
狙い・目標 本学では、交流協定等を締結している大学への交換留学制度を利用して、毎年多くの学生が世界各国へ留学している。一方で様々な理由から、私費留学で海外に行く学生の皆さんも多く見受けられる。そこで、より多くの学生が留学しやすい環境を提供できるよう、2011年に認定留学制度を導入した。単位取得を目的として留学する私費留学生(在学)を対象とし、認定留学生に認められた場合、学費減免の経済的支援を行っている。
測定・評価の基準 認定留学への申込数
測定・評価の方法 認定留学への申込数の増減
取り組みによる貢献
  • 知力の向上
  • 人間力の向上
  • その他
進捗状況①
  • 75%
  • P
  • D
  • C
  • A

進捗状況②

2017年度レポート

現状の詳細・課題

2011年以降、毎年志願者が出ている。
2012年度3名、2013年度3名、2014年度6名、2015年度9名、2016年度8名、2017年度2名
現状は上限を10名に設定しているが、上限までいったことはない。私費留学生は増えているので、制度についての広報が必要。

今後の取り組みスケジュール

今後、毎年4月の留学ガイダンスで、引き続き認知度をあげるための広報を行う。