取組詳細

広報計画・ステークホルダー対策

ブランディングの推進

取り組み開始時期 2009年4月
狙い・目標 ブランディングを推進し、中長期的に本学の競争的優位性(強み・特徴=存在価値)を確保するとともに、さらにその優位性を高め、内外の認識を高めることを目指す。
測定・評価の基準 日経BPブランドイメージ調査の結果
測定・評価の方法 日経BPブランドイメージ調査2015-16版を購入し、評価を確認。
取り組みによる貢献
  • 知力の向上
  • 人間力の向上
  • その他
進捗状況①
  • 60%
  • P
  • D
  • C
  • A

進捗状況②

2017年度レポート

現状の詳細・課題

2009年度より大学のロゴマーク、キャッチコピー、デザイン等を統一したブランディングを推進してきた。運用の統一化を図るため、ポータルサイトにVIマニュアルを配置し、チラシやポスター、名刺などの印刷・製本にあたっては一定のルールで運用が可能となった。一定の期間が経過し、これまでの取り組みを検証するとともに、定めた目的の達成に向けてブランディングに取り組む必要がある。

今後の取り組みスケジュール

2017年度 大学ホームページ等を統合し、統一感ある情報発信に取り組む