取組詳細

管理運営計画

危機管理体制の構築

取り組み開始時期 2009年4月
狙い・目標 創価大学において、様々な事象に起因する危機に対して、迅速かつ的確に対処するため、危機管理体制および対処方法等を定めることにより、本学の学生、教職員および近隣住民等の安全確保を図るとともに、本学の社会的な責任を果たす。
測定・評価の基準 「学校法人創価大学危機管理ガイドライン」に定められる危機事象のマニュアル策定
測定・評価の方法 マニュアルに基づき職員の教育・研修を実施
取り組みによる貢献
  • 知力の向上
  • 人間力の向上
  • その他
進捗状況①
  • 30%
  • P
  • D
  • C
  • A

進捗状況②

2017年度レポート

現状の詳細・課題

2009年に「学校法人創価大学における危機管理に関する規程」「学校法人創価大学危機管理ガイドライン」を制定した。
2015年より隔年で「全学総合防災訓練」を実施した。今後はBCP(事業継続計画)、「学校法人創価大学危機管理ガイドライン」に定められた危機事象別の危機対応マニュアルを策定し、マニュアルに基づき、職員に対する教育・研修を実施する。

今後の取り組みスケジュール

2018年 BCP作成、その後、危機対応マニュアル作成を開始
2019年 全学総合防災訓練