取組詳細

学生支援戦略

新宿-創大 シャトルバス運行

取り組み開始時期 2012年10月
狙い・目標 首都圏在住の通学生(自宅生)に対する通学の利便性を図る。また、首都圏の受験生拡大を図る。
測定・評価の基準 年間のシャトルバス利用者の推移
測定・評価の方法 2013年度利用者数 55,000名 2014年度利用者数 60,000名 2015年度利用者数 64,000名 2016年度利用者数 61,300名利用(前年比-2,700名) 2017年利用者数 63,000名利用(前年比+1,700名) 2018年4月~6月利用者数 28,000名利用(前年比+5500名)
取り組みによる貢献
  • 知力の向上
  • 人間力の向上
  • その他
進捗状況①
  • 85%
  • P
  • D
  • C
  • A

進捗状況②

2018年度レポート

現状の詳細・課題

<これまでの取り組み>創学サービスが運営代行を行う。予約者・搭乗者一覧の作成/毎週の運行状況の把握。
半年に1回~2回運行ダイヤ・西東京バスとの協議。
<課題/改善>
午前9時台の往路(新宿→創大)利用者の拡大について、現行のバス台数では対応できなかったため、2016年度からは、
4月~6月と9月~10月に9時発の増発便を運行する。
JR東日本からの通達により、シャトルバス利用者の新宿からの電車等の定期券発行が可能となった。

今後の取り組みスケジュール

5月~6月にかけて、利用者へのアンケートを実施して、運行ダイヤおよび増発便の適正等を見直すか検討する。
半期毎の西東京バス/創学サービスとの運行ダイヤ協議と、渋滞発生時の遅延状況の把握と、関係部署等への連絡体制など。