取組詳細

学生支援戦略

学生生活ポリシー決定

取り組み開始時期 2012年6月
狙い・目標 学生生活に関わる諸規程を整理し、大学における学生生活の指標となる「学生生活ポリシー」を策定して、学生が安心・安全で有意義な学生生活を送るための環境づくりを図る。
測定・評価の基準 ・学生の交通事故、災害、犯罪、トラブル被害の低減 ・学生の学内外における問題行動の抑止 ・学生への近隣住民からの苦情等の低減
測定・評価の方法 学生課に寄せられる交通事故、事件、トラブル等の報告、また大学事務局(総務部・学生部等)に寄せられる苦情等の内容・件数を集計し、低減に向かっているかどうかを測定する。
取り組みによる貢献
  • 知力の向上
  • 人間力の向上
  • その他
進捗状況①
  • 75%
  • P
  • D
  • C
  • A

進捗状況②

2017年度レポート

現状の詳細・課題

2014年度から「学生生活ハンドブック」、HPへ掲載し全学生に周知徹底を図ることになる。4月のオリエンテーション期間に実施する「学生生活ガイダンス」について周知している。交通事故、事件、トラブル等の報告は減少しているため一定の効果が出ていると思われる。ただし、自転車運転マナーなどの苦情等は変わらず寄せられているため、さらなる徹底が必要である。

今後の取り組みスケジュール

2017年度の事故件数等を確認し今後の周知のあり方を検討する。