取組詳細

学生支援戦略

進路の数値目標明示

取り組み開始時期 2010年4月
狙い・目標 キャリアセンターが実施する課外講座、就活イベント、内定者によるピアサポートを通して、学生の就職意識の向上と就活サポートを充実させていく。
測定・評価の基準 進路決定率の向上による人材輩出
測定・評価の方法 数値目標の達成などの定量的成果および取り組みの充実度の定性的評価を委員会で総括する。
取り組みによる貢献
  • 知力の向上
  • 人間力の向上
  • その他
進捗状況①
  • 40%
  • P
  • D
  • C
  • A

進捗状況②

2017年度レポート

現状の詳細・課題

・2010年4月に発足したキャリア委員会では、進路決定率の数値目標として、創立50周年(2020年度)に90%、その中間目標として創立45周年(2015年度)に85%以上との目標を掲げ、併せて各学部にも目標数値を掲げながら、キャリアセンター、国家試験研究室および教職キャリアセンターなど、関係機関と連携して目標達成への取り組みを開始した。
具体的には、(1)進路仮決め制度(就業力テスト、希望進路アンケート)を全学で実施、(2)キャリア科目(キャリアデザイン基礎、キャリアビジョンⅠ)の拡充、(3)2年生に対するキャリアサポート強化、(4)4年生就職未決定者への対策強化、(5)キャリアセンターによる面談体制の充実、(6)OBOGとの連携強化、(7)行政教育センターによる公務員サポートの強化、(8)教職キャリアセンターによる教員採用試験対策の充実、(9)資格試験講座の充実、(10)各学部キャリア委員会の立ち上げ、学部独自のキャリアサポートの実施等に取り組んでいる。
・2013年度、進路決定率の中間目標85.0%を2年前倒し突破し、85.2%を達成した。
・進路決定率の数値目標は、経済・経営・法・文・教育・工学の6学部で設定で、設定後に開設した看護・国際教養の2学部を加えた8学部での数値目標の検討を2015年度から始め、2016年7月に数値目標が再設定された。
・2016年度の進路決定率は89.3%となった。

今後の取り組みスケジュール

2020年度 最終目標の達成度、取り組みの評価