取組詳細

学生支援戦略

全学キャリア委員会設置

取り組み開始時期 2010年4月
狙い・目標 これまでキャリアセンターをはじめ各セクションで個別の方針で行っていた、進路・就職に関する取り組みを総合的・全学的戦略として検討すること。それにより留学や学生生活をはじめ、「学部横断的に存在する構造的な課題」に対処できるようにすること。全学的に問題意識を共有し、進路決定率を向上させること。
測定・評価の基準 進路決定率の向上による人材輩出
測定・評価の方法 数値目標の達成などの定量的成果および取り組みの充実度の定性的評価を委員会で総括する。
取り組みによる貢献
  • 知力の向上
  • 人間力の向上
  • その他
進捗状況①
  • 40%
  • P
  • D
  • C
  • A

進捗状況②

2017年度レポート

現状の詳細・課題

2010年4月に全学横断型の「キャリア委員会」を発足。キャリア委員会は、委員長に副学長または副学長補、委員にキャリアセンター長、各学部の副学部長のほか、教務部、学生部の副部長、学士課程教育機構副機構長、大学事務局長、学部事務長、教務部事務部長、キャリアセンター部長、キャリアセンター職員がつき、進路就職の課題を検討している。具体的には、以下の取り組みを行ってきた。
【2010年度】
①創立50周年に向けて、全学の「進路・就職に関する数値目標」を設定 ②基礎学力に関する取り組み ③各学部にキャリア委員会を設置
【2011年度】
①「創価の就業力」の定義付け ②就業力テスト・進路希望アンケートによる「進路仮決め制度」の全学展開の決定 ③キャリア科目の拡充
【2012年度】
①「進路仮決め制度」を全学の1年次で実施(以降、毎年度継続) ②就業力テストのフィードバックとMy Mapの活用を検討・実施 ③キャリア科目の拡充
【2013年度】
①就業力テストのフィードバックとMy Mapを活用したサポートの展開(以降、毎年度継続) ②キャリア科目の拡充 ③進路決定率の中間目標85.0%を突破し、85.2%を達成
【2015年度】
①「進路仮決め制度」を国際教養学部で留学後の2年次で実施 ②学部増設に伴い「進路・就職に関する数値目標」の再設定を検討 ③就業力テストを4年次で実施(以降、毎年度継続)
【2016年度】
①「進路・就職に関する数値目標」を再設定 ②留学生向けのキャリア科目を検討
【2017年度】
①留学生向けのキャリア科目を開講 ②3年次キャリア科目「キャリアビジョンⅠ」の中で就業力テストを実施

今後の取り組みスケジュール

【2017年度】
①3年次キャリア科目「キャリアビジョンⅠ」の中で就業力テストを実施