取組詳細

国際戦略

派遣留学生の拡大

取り組み開始時期 2013年3月
狙い・目標 創価大学は2012年に「グローバル人材育成推進事業」、2014年に「スーパーグローバル大学創成支援」に採択され、2016年に向けて1000名の留学経験者、語学水準の480名の達成を目指した。
測定・評価の基準 実質的な測定方法は、海外に送り出した学生の人数となる。その上で、本学がグローバル人材とする学生の人数。グローバル人材と規定する学生とは、以下の3点によって測る。 ・海外修学経験の有無、・GPA3.5以上、・外国語能力TOEIC 730レベル以上 この中の「海外修学経験」を増やすことが本事業の目的となる。
測定・評価の方法 留学した学生の人数によって測定する。
取り組みによる貢献
  • 知力の向上
  • 人間力の向上
  • その他
進捗状況①
  • 44%
  • P
  • D
  • C
  • A

進捗状況②

2018年度レポート

現状の詳細・課題

グランドデザイン構築に向けて国際戦略分科会を設置して以来、創立50周年時の創大生の送り出し人数の目標を1000名とすることを想定し、実現に向けた計画(Study Abroad Program 1000)を検討してきた。2012年に「グローバル人材育成推進事業」、2014年に「スーパーグローバル大学創成支援」に採択され、2017年に向けて891名の留学経験者、語学水準の480名の達成を目指した。SGU最終年度においては、約1200名の留学者を目標にしているため、現在留学を視野に入れていない学生が留学を検討できるように、ガイダンスの充実など更なる策が必要となる。

今後の取り組みスケジュール

毎年4月に行う留学ガイダンスを年2回開催にすることや、共通科目「留学のための国際理解」などを活用し、留学の動機づけを学生に促す。また学生に魅力のある留学プログラムの増設や、単位認定の簡易化、留学情報ステーションの充実も、更に検討していく。
2019年度 12.7%
2020年度 13.7%