取組詳細

国際戦略

英語で授業を行う「Japan Studies Program」の充実

取り組み開始時期 2011年3月
狙い・目標 英語での開講科目を増やし、国際性豊かな教育環境を整え、「世界市民」の育成を図る。また、英語能力の高い留学生等が学びやすい環境を整える。
測定・評価の基準 Japan Studies Program等、英語での科目の履修者数およびその進路等
測定・評価の方法 Japan Studies Program等、英語での科目の開講数と履修者数
取り組みによる貢献
  • 知力の向上
  • 人間力の向上
  • その他
進捗状況①
  • 100%
  • P
  • D
  • C
  • A

進捗状況②

2017年度レポート

現状の詳細・課題

2009年度Japan Studies Programは、日本語・日本文化教育センターが主管する科目として開講した。2014年度に採択された「グローバル人材育成推進事業(現在の「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援事業」)」では全学部が英語での科目を設置することを目指すこととなり、同年度に「Japan Studies Program」科目は廃止となった。さらに、2016年度「スーパーグローバル大学創成支援」の取り組みの一環として、English Trackとして英語科目の充実が図られることとなった。

今後の取り組みスケジュール

無し