取組詳細

研究戦略

2011年度以降のFD活動方針策定

取り組み開始時期 2011年2月
狙い・目標 2008~2011年の3カ年は全学的に「授業外学習時間向上計画」を打ち出し、授業方法の改善等に取り組みんだ。それを引き継ぐたかちで新たな方針を策定し、全学的なFDの推進を目指すこと。
測定・評価の基準 ランダムサンプリングによるシラバスチェック、学部長やピアレビューによるシラバス内容の充実度(科目数)など。
測定・評価の方法  
取り組みによる貢献
  • 知力の向上
  • 人間力の向上
  • その他
進捗状況①
  • 25%
  • P
  • D
  • C
  • A

進捗状況②

2012年度レポート

現状の詳細・課題

ここ数年でシラバス内容のチェック機能拡充や新たな項目設置を精力的に進めてきたが、その記載内容においてはまだまだ教員間、科目間で精粗がある。また各項目欄には詳細に記載しているものの、上述した「連同性」への意識が極めて薄かったこと。

今後の取り組みスケジュール

2011年4月 日日センター正式稼働(学部共通科目、JAS科目、JSP科目などを履修。
2011年9月 Non-Degree留学生入学。(募集人数20名)