取組詳細

教育戦略

カリキュラム改革のロードマップ作成

取り組み開始時期 2011年3月
狙い・目標 次のカリキュラム改編に備えた準備を実施。
測定・評価の基準 改定ルールを明確にし計画的な改革を実施。
測定・評価の方法 効果測定に基づいて改定を行なったかの評価。
取り組みによる貢献
  • 知力の向上
  • 人間力の向上
  • その他
進捗状況①
  • 20%
  • P
  • D
  • C
  • A

進捗状況②

2012年度レポート

現状の詳細・課題

2005年教務委員会・学部長会において4年でマイナーチェンジ、6年で改編を行なう原則を確認しているが、再度学長室会議で検討し、大学教育研究評議会で決定をしていく。また、今後も、教務委員会、学士課程教育機構運営会議において、改編のリズムを確認していく。課題として前カリキュラムの分析が数値データ等に基づいているとは言えないため、効果的な改編ができているかが明確になっていないこと。

今後の取り組みスケジュール

2011年1月 学長室会議で検討。
2011年3月 大学教育研究評議会で承認。
2011年5月~2012年3月 2013年度カリキュラム検討。
2012年4月~2013年3月 2013年度カリキュラム用システム開発。
2013年4月~2014年3月 2015年度カリキュラム検討。
2014年4月~2015年3月 2015年度カリキュラム用システム開発。
2015年4月 2015年度カリキュラムスタート。