取組詳細

教育戦略

GCPの開設

取り組み開始時期 2010年4月
狙い・目標 創価大学の優秀層のさらなる引き上げ。 国際社会(国際企業・国連等)への就職/海外大学院進学、国内一流企業就職。
測定・評価の基準 ○GPA高水準維持、英語外部試験(TOEFL/TOEIC)の高得点獲得、授業外学習時間の確保。 ○卒業後の進路確認。
測定・評価の方法 ○セメスターごとの成績管理。 ○チュートリアルによる個別評価。
取り組みによる貢献
  • 知力の向上
  • 人間力の向上
  • その他
進捗状況①
  • 20%
  • P
  • D
  • C
  • A

進捗状況②

2012年度レポート

現状の詳細・課題

【現状】
1期生の第1セメスター成績においてGCP生のGPAの高水準(平均4.09)が確認できた。これはGCP科目だけでなく、学部の科目にも力を入れていることが伺える。同時に学内の他の学生と比較しても授業外学習時間が約3倍を確保している。また将来の進路においても個人が大枠ながらも方向性や現実的な目標を持ちつつある。
【課題】
各学部において必修科目等の配置コマ時間が異なるため、GCP科目の配置コマが5コマ・6コマに集中して配置せざるを得ないことである。これにより学生の負荷が大きいこと。

今後の取り組みスケジュール

2011年4月 GCP2期生入学。
2012年4月 GCP3期生入学。
2013年4月 GCP4期生入学。
2014年4月 GCP5期生入学。 ※3月 1期生卒業(進学・就職)